一般社団法人IoT対応3R協会

トップページ > 協会の活動> 使用済み情報通信機器等を売却・廃棄する場合に留意すべきガイドライン> 小型家電機器
ガイドライン

 

全般

使用済み小型家電機器をお持ちの方の売却・廃棄

テレビ、エアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機を除く一般的な家庭向け電気製品を使用済み「小型家電機器」と総称しますが、リユース市場が構築されているパソコン・スマートフォン・タブレット・デジタルカメラ等ではリユース(再利用)目的に売却する道がありますが、それ以外の機器については、現状では廃棄扱いが多くなっています。

リユースを目的とした売却

パソコン・スマートフォン・タブレット等をリユース目的にリユース品取扱い事業者に売却をする場合には、使用後の機器内に個人情報等のデータが残っている可能性が高いことから、ご自身でデータ消去をするか、リユース品取扱い専門事業者が行っている「データ消去サービス」(有償)のご利用をお勧めします。 【「使用済みのパソコンスマートフォン・タブレット等をお持ちの方の売却」の項目をご覧ください。】

リサイクルを目的とした廃棄

使用済小型電子機器の廃棄については、日本における使用済小型電子機器の再資源化を促進するため、平成25年4月から「小型家電リサイクル法」が施行され、今日では日本全国の市町村で使用済小型家電機器の回収制度を実施しています。 また、一部の大手家電量販店でも店頭等における小型家電機器の回収制度が実施されています。

小型家電機器とは、別な法律である「家電リサイクル法」で指定されたテレビ、エアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機を除く一般的な家庭向け電気製品が対象となります。但し、取扱う市町村や大手家電量販店では特性に合わせて回収する品目やその回収方法等を指定できることになっていますので、回収を希望する方は、小型家電機器の回収制度の市町村や小型家電機器の回収を行っている大手家電量販店にお問合せされることをお勧めします。

また、リサイクルを目的とした廃棄であっても、使用後の機器内に個人情報等のデータが残っている可能性が高いパソコン・従来型携帯電話・スマートフォン・タブレット等では、市町村や大手家電量販店に回収を依頼する前に、ご自身でデータ消去を行うか、大手家電量販店やリユース取扱い専門事業者が行っている「データ消去サービス」をご利用されることをお勧めします。

なお、市町村や一部の先進的な大手家電量販店が回収した使用済み小型家電機器の再資源化作業については、国の定める認定事業者資格と当協会が認定した「IoT対応リサイクル取扱事業所資格」を有する事業所のある事業者をお勧めします。

 ⇒該当会員名と事業者名

© 2018 IoT3R Association

 

コンピュータ機器

印刷機器

モバイル機器

通信・ネットワーク機器

小型家電機器

関連用語

ページのトップへ戻る